お手軽に実践できる整形施術の全貌|希望などをきちんと伝える

二重まぶたの埋没法

注射器

メスがいらない手術

メイク感覚で変身できるプチ整形の中で一番人気があるのが埋没法です。埋没法は生まれつきの奥二重や一重を二重にする二重まぶたの美容整形手術のひとつです。プチ整形なので、切開なし・縫合なし・抜糸なしで簡単に出来ます。埋没法では髪の毛よりも細い糸を使って、まぶたの中にある筋肉を縫い合わせます。そうすると、目を開いたときにまぶたに二重のヒダができるので、ぱっちりした華やかな目元になります。二重まぶたには、目頭から目尻まで同一の幅の平行型二重や、目頭の蒙古ひだから目尻にかけて広くなる末広型の二種類があります。手術をする前にどういう二重にするのか医師とカウンセリングをして話し合い、最終的なデザインを決めていきます。手術をする前には事前にまぶたの表側と裏側に局所麻酔や静脈麻酔を行うので、手術中はまったく無痛です。手術にかかる時間は短いと両目合わせて15分ほどです。あっという間に終わる手術で、生まれつきの腫れぼったい一重まぶたが理想通りの二重まぶたになります。

手術で気を付けること

埋没法はとても簡単にできて、美容整形の中でもリスクが少ない手術です。ただし、手術を受けるにあたって気を付けたいことがいくつかあります。手術をした直後は目が開けられないくらいまぶたが腫れた状態になります。普段コンタクトをしている人は、3日ぐらいは眼鏡をして過ごす必要があります。クリニックから帰宅する際にはサングラスをしていれば安心です。手術の翌日からメイクが可能です。ただし、濃いアイメイクをクレンジングで落とすときには、十分に注意をする必要があります。まぶたを強くこすってクレンジングをすると、埋没法の糸が取れてしまうことがあるからです。メイクをするのはOKですが、なるべくクレンジングで負担にならない範囲ですることをお勧めします。埋没法をした直後は、二重のラインの幅が腫れでかなり広い状態になります。腫れがすっかり落ち着いて二重のラインが自然になるまでは1ヶ月ぐらいかかります。腫れが落ち着くまでの間は、出来る限り目をこすったり触ったりしないことが大切です。